大阪・兵庫の求人サイト Re:start【リスタート】

ようこそゲスト様

「40代からの転職は難しい...」これは世間一般の認識で、一般的に前職と同じ職種で給料アップして転職できる方は実はたくさんいるわけではありません。

もしも前職と同じ職種ならなるべく早く転職先をみつけたほうがいいでしょう、もしもブランクが長くなればそれだけで、しっかりとしたスキルをもっていても評価されなくなります。

また前職と同じ職種は諦めて40代から未経験のジャンルにチャレンジしてみる場合の成功の秘密とは何なのでしょうか。

この記事では40代から未経験の職種に転職するときに知っておくべき心得と、採用されやすい職種についてまとめています。

40代の転職が難しいのはなぜ?

日本の人口ピラミッドをみてわかるように40代というのは、人口の中でも一番層の厚い世代です。また高齢化社会の日本では気づきにくいですが、若い層が多い開発途上国などを訪れると40代というのはさらに転職が難しくなります。

そういう意味では日本はまだ40代を過ぎても転職先を見つけることができる珍しい環境で、未経験の職種への転職も可能になります。

しかしそれでも40代の転職が難しいのはなぜなのかを、3つ視点で理解しておきましょう。

40代の転職が難しのは需要と供給のバランスの関係

企業が40代に求める条件とはなんでしょうか、転職サイトや雑誌などに目を通したことがある方なら気づいていると思いますが「即戦力」と「マネジメント」できる能力が40代の転職には必要されていて、それを満たすことで採用される確率が高くなります。

40代で未経験に転職する場合でも「即戦力」になれて「マネジメント」できる職種を選びましょう。

40代の転職者は扱いにくい...

職種によって現場やチームを教育や担当している年齢層は変わりますが、日本社会でも年功序列から実力主義に完全にシフトして20~30代の若いリーダーが台頭しています。

しかし日本の文化から年配には気を使うので、20~30代がバリバリ働いている職種などでは、40代は扱いにくいと感じられるでしょう。

年収ダウンは覚悟が必要

転職して年収アップを希望する人も多いですが、40代の未経験の職種に転職となれば年収アップどころか、年収ダウンの覚悟が必要になります。

独身の場合はいいですが、家族がいる場合は年収ダウンする転職は反対される可能性も高くなるでしょう。

40代の転職でも採用されるには

日本は転職先をみつけるという意味では、40代でもまだまだ可能なとても恵まれ環境です。

例えば日本も若い働きざかりな20代が開発途上国のようにたくさんいたらどうでしょうか、現状のように転職先をみつけるのはさらに困難になるでしょう。

その分日本は働き手が常に不足しているので、40代でもやる気があれば未経験の職種に積極的にチャレンジすることができます。

その為には「即戦力になれる職種に絞る」「年齢が逆にメリットになる職種に絞る」ことが大切です。

40代の強みとはスキルや資格?

スキルや資格は転職の強い武器になるイメージが強い人がいますが、採用されるか、されないかを大きな影響を与えるかどうかでいえば、それほど過大評価してはいけません。

転職する前に資格をとっておこうと考える人は多いですが、実務経験のないただの資格は価値がありません。

またブランクがあるスキルも評価はされません。過去の10年以上の経験があっても2年以上もブランクがあれば、即戦力として働くことはできないでしょう。

40代が未経験でも就職しやすい職種

即戦力になれて、年齢が逆にメリットになる職種に絞った場合、40代が転職が最も採用される可能性があるのは、営業職や接客業になります。

40代には長い人生の中で積み上げた対人スキルが備わっていて、コミュニケーション能力は若い世代の人にも負けないでしょう。

特に飲食関係などの接客業では未経験から転職してきた40代が対人スキルをいかして、若いチームをまとめて活躍しているのをよく見かけます。

人手不足の工場の作業員に転職する

コミュニケーション能力に自信のない場合は、工場作業員が向いているのではないでしょうか。

人手不足の職種でもあり、転職後にフォークリフトや危険物など比較的簡単に取れる資格をとれば、年収アップも比較的早くできます。

人の役に立てる介護に転職する

会社の成績を気にしたり、ブラック企業で毎日残業するのはもうイヤだって方は、40代の未経験でも可能な介護職に転職してみてはいかがでしょうか。

人手不足は深刻で、一人でも多くの転職者を求めています。お年寄りとの触れ合いに、人の役に立つやりがいのある仕事と感じる人が多く、満足度も高い職種です。

40代の転職者が多い警備員

「スキルも資格も何もない...」とお悩みの方は、警備業界に目を向けてみましょう。

40代以上で未経験から転職してきた人が数多く活躍している職種です。

まとめ

「40代で転職するのは難しい...」と考えるのは実は間違っています。日本は世界で一番といっていいほど、40代の人にも多くの職種に転職するチャンスがある環境なんです。

40代であることをデメリットと考えるのではなく、メリットとしてとらえて、何が最適な転職先なのか未経験の分野でも積極的にチャレンジしてみましょう。

なにも就職したからといってその仕事を辞めることができないわけではありません、逆に転職1~2回で最適な環境にめぐりあうことの方が難しいです。ですのであきらめずに、40代からでも転職にチャレンジしていきましょう。