大阪・兵庫の求人サイト Re:start【リスタート】

ようこそゲスト様

転職の際は、志望動機を聞かれるのが常です。しかし、現職から退職したいだけで転職を考えていると、なかなか説得力のある志望動機にはなりません。本当に、新しい企業に採用してもらいたいのなら、やはり、やる気のあることをしっかりと見せる必要があります。

今回は、転職の際に困らないよう、説得力のある志望動機の準備の仕方をご紹介します。

 

転職の際の志望動機を聞かれる理由

どうして面接官は応募者に志望動機を尋ねるのでしょうか?

1つ目の理由は、採用担当者は、「本当に応募者が自社に来たいと思っているのかどうか知りたい」と考えるからです。「単なる現実逃避じゃないの?」と採用担当者に思われて、マイナスイメージを与えることは避けたいものです。

2つ目の理由は、志望者が企業にとってプラスとなる人材かどうかを見極めたいと思っているからです。あなたが、志望先が自分に合っているかどうか、企業研究をするのと同じように、企業もあなたの人となりを知りたいと思い、志望動機を尋ねるのです。

企業が求めていることがわかれば、どういう風に志望動機を説明すればよいかもわかりますね。まずは、客観的に自分を見つめるところから始めてみましょう。

 

あなたの転職の志望動機は?

あなたの転職の際の志望動機はなんでしょうか?「今の企業で上司との折り合いが悪いから」というのは、転職時の志望動機としてはNGです。

こちらでは、転職の際に気をつけたい「志望動機」についてご説明します。

 

退職理由と志望動機は分ける!

前述の現職(または前職)での問題は、なぜ志望動機としてはダメなのでしょうか?

転職を希望する場合、必ず2つの理由があります。1つ目は「退職理由」、2つ目は「転職理由」です。つまり、「退職の動機」はあくまでも前職を辞める動機であって、決して新しい企業の「志望動機」ではないのです。

この2つの動機がきちんと分けられていないと、転職活動は難航してしまいます。いつまでも、退職理由をアピールしても、転職の成功にはつながらないのです。転職の際は、しっかりと退職の動機と志望動機を分け、なぜ志望先に転職したいのかを明らかにしましょう。

 

志望動機がない?

現職を辞めたい気持ちばかりで、転職を焦っているときにありがちなのが、「どこでもいいから就職したい」という気持ちですが、それは志望動機とはなり得ません。

そこで、最初の動機が「今の会社を辞めたい」「とにかくどこか別の仕事を見つけなければ」であるならば、次に「では自分のしたいことは何か?」という質問を自分に投げかけてみてください。

何が不満で退職をしようと思ったのかは、逆に、「では何があればよいのか」ということにつながります。勤務地、職種、人間関係、勤務体制、給与、福利厚生など、自分の中で重要なことがあるなら、志望企業にあるのは、いったい何なのか、本当に問題の解決になるのかを知ることが大切です。

 

転職は新卒とは違う

現職もしくは前職の際は、新卒採用で、経験がなくても、スキルがなくても、やる気次第でポテンシャル採用という可能性がありました。ところが、転職では学歴が重要視されない代わりに、職歴はしっかりとチェックされます。つまり、新卒と違い、どんなにやる気があっても、経験がなければ難しいことが多いのです。もちろん、すべての企業がそうとは限りません。未経験者も可能な業種や職種もあるのでそういった求人を選べばよいでしょう。もちろん、適当に選んだというネガティブな印象とならないよう、キャリアプランに沿って、ぶれていないところをアピールできるような志望理由があれば、印象はよくなります

 

転職者の志望動機書は、しっかりと社会人としての経験が積めていることが大切となってきます。企業研究をしっかりすることはもちろん、過去の就業経験を、いかに志望先の企業で活かせるかを、上手にアピールしましょう。

 

転職の志望動機の構成

転職の際、志望動機が非常に重要なことはおわかりいただけでしょう。しかし、志望動機をどんなにしっかり準備しても、内容だけでは不十分です。

志望動機を書くうえで最も重要なのは、まず、結論から述べるということです。せっかくいいことを書いていてもダラダラとした文章で、論旨が全く見えないと、最後まで読んでもらえない可能性もあります。

必ず結論から述べ、それから理由の説明をし、具体例を挙げ、最後にまた結論を繰り返すと、非常に論理的で説得力のある構成となります

 

結論→理由→具体例→結論

 

面接の際も、全く同じ構成で話せば、説得力があり、好印象を与えることができます。

社会人として、ロジカルな話ができるかどうかも、重要なスキルのうちです。しっかりとした構成で、転職の志望動機をアピールしましょう。

 

まとめ

退職の動機と転職の動機は、新卒時代の入社の志望動機と同じようなものだと思えばわかりやすいでしょう。自己分析と企業研究で、しっかりと準備すれば、きっと転職を成功させることができるでしょう。