大阪・兵庫の求人サイト Re:start【リスタート】

ようこそゲスト様

就活に必要なリクルートグッズ、中でも重要視されているのが靴です。就職先によっては靴を見る審査員もいるというほど、靴はしっかりと選ぶ必要があります。しかし、どんな靴を選んだら良いのかわからないという方も多いでしょう。そんな方におすすめの選び方のポイントを男女別にご紹介致しましょう。

就活にぴったりな靴選びの基本は?

男女共に共通して言える就活の際に使える靴は一体どんなものなのかをチェックしていきましょう。まず男女共に言えることは革靴をチョイスすることです。色は黒、そしてデザイン性の少ないシンプルなものをチョイスすることがまず靴選びの基本です。

もちろん、就活用なので高価なものを選ぶ必要性はありません。本革でなく、合否の革靴で結構です。また、就活の最中は天候を選ぶことができませんので、本革よりも水に強い合否を選ぶと就活中は特に使いやすいのではないでしょうか。

就活用の靴選びへ出かけるなら夕方以降に出掛けよう!

就活中はとにかく歩き回ることが多いので、履きやすいものがベストです。歩き回っていると足がむくんで伸縮性のない革靴は足が痛くなることがあります。そんなことのためにも就活用の靴を選びに行くのであれば、夕方のむくんだ足に合わせたものを購入するのもおすすめです。

また、昼間に買いに出かける場合には厚手の靴下を履いてから試してみるなどの調整をしてみるのも良いでしょう。一番は、歩きやすさがポイントですのでしっかり自分の足に合ったものを選ぶようにすると良いでしょう。

男性が選ぶべき就活用の靴とは?

男性が就活で使う靴ならプレーントゥ、もしくはストレートチップがおすすめです。シンプル且つ、どんなスーツにも合いますので、履き回しやすい靴というのもポイントです。また、ベルトタイプや靴紐などそれぞれにデザインがあります。

ベルトタイプはダメだなどというルールは一切ありませんので、お好みのもをチョイスすると良いでしょう。あえて言うとするならば紐タイプであれば調節が可能ですので、革靴が履き慣れていないと言う方はまずは紐タイプの革靴をチョイスしてみると言うのもおすすめです。

女性が選ぶべき就活用の靴とは?

女性が就活用の靴を選ぶときのポイントは、ヒールの高さです。ヒールの高さは3〜5cmでフラットなものも好ましくありません。また、ピンヒールなどの細めのヒールの靴もあまり良い印象は与えませんので、太めのヒールの革靴を選ぶようにすると良いでしょう。

また就活用の靴は、デザイン性のないシンプルなものが必須です。おしゃれにデザインのあるものやつま先がとんがっているようなものなどは選ばないようにしましょう。シンプル且つ、ヒールは太めで先部分は丸よりも台形型が好ましいでしょう。

また、就活用の革靴にはストラップ付きのパンプスもあり、ストラップ付きは大変歩きやすいので、ヒール慣れしていない方はストラップ付きの就活用の靴を選んでみるのもおすすめです。

就活の靴だってお手入れは欠かせない!

革靴の基本は日々のお手入れです。毎日する必要はありませんが、お手入れは怠らないようにしましょう。大事な就活のための靴です。足元を綺麗にしておくことは基本中の基本ですので、連日履き続ける場合はこまめに、そして最低でも週に一度はお手入れをするよう心がけましょう。

靴のお手入ればどんなことをすればいいの?

お手入れをいざしようとした時、革靴を普段からあまり履かないという方はそのお手入れ方法がわからないという方もいらっしゃるでしょう。まず、お手入れにはブラシやクリームが必要です。誇りを払うブラシや汚れ落としクリーム、さらには革靴をキープさせる栄養クリームなどがあります。

それぞれのアイテムを用意して、まずは汚れや誇りをブラシで取り、そこから汚れ落としクリームで磨き、最後に栄養クリームを塗るというのが大まかな手順です。就活時にこれらをマスターしておくと、就職後に手に入れた靴のお手入れもスムーズにできます。

使用前に防水スプレーをかけておこう!

就活用の靴をゲットするなら一緒に防水スプレーも購入しておくととても便利です。防水スプレーは、雨の日のための防水機能のみならず、汚れの付着も防いでくれます。そのため、お手入れの際にも簡単に汚れを落とすことができ、栄養クリーム後に毎回スプレーしておくと綺麗なままキープすることができます。

さらに、保管の際以外にも使用後はシューキーパーを入れておくのもおすすめです。形もキープすることができ、木製のシューキーパーなら靴の中の湿気も取り除いてくれるのでより良く長く使用することができます。

まとめ

いかがでしたか?革靴にもそれぞれタイプがあり、知らなかったということも多かったのではないでしょうか。就活に入る前、購入するべきな靴の選び方と男女別でおさえておくべきポイントもご紹介いたしましたので、是非こちらでチェックしてから革靴選びに出かけましょう。