大阪・兵庫の求人サイト Re:start【リスタート】

ようこそゲスト様

仕事を続けていく上で転職を考える女性も少なくないでしょう。しかし、女性は妊娠や出産など生活がいっぺんすることもあり、なかなか転職へ踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。そんな女性たちが決断した時に知っておきたい成功へと繋がるポイントをご紹介致しましょう。

女性の転職を最初に考える時は気軽に! 

転職となるととても大きな決断と思う方も多いでしょう。しかし、考えるのは自由ですのでまず気軽に調べてみるのも大切です。調べてみて今より良い条件があれば良いぐらいの考えであれば、重く考えすぎてしまうこともないので気軽に調べてみるところから始めてみましょう。

女性の転職は年齢は関係ない!

転職を考えるタイミングは人それぞれ、就職してすぐに考える方もいれば、30代・40代に入ってから考える方もいらっしゃるでしょう。働き盛りの20代前半であれば何も考えることなく転職へと踏み切れますが、やはり年齢を重ねると共に躊躇してしまう方も少なくありません。

その一つの原因として、年齢問題と考える方もいらっしゃいます。特に近年の年齢適齢期に入る30代は、その不安を大きく抱える方もいらっしゃいますが、最近では育休などの女性の働きやすい環境が多くあります。そのような将来性のある働き方ができる会社などでは、30代女性は逆にウェルカムであり、周りにも同じような状況の方が多いケースがあります。

長い目で見て働きやすい環境の整っている会社を選ぶと長く付き合っていける会社を見つけることができ、意外と年齢を気にしない会社が多いのでとても仕事がしやすいでしょう。

女性の転職は生活に合わせて選んでみよう!

転職を考える時には何かしらの悩みを抱えて転職する方が多いでしょう。職場の人間関係や働き方、やり甲斐など様々です。中でも働き方は、仕事と家事を両立する女性にとっては大きな負担となる場合があるため転職を考える方が多くいらっしゃいます。

ただその場限りで転職を決めるのではなく、生活リズムに合う就職先を見つけてから転職に踏み切りましょう。無理なく仕事へ打ち込むことは、日常へのストレス発散にも繋がりますので生活リズムの見直しもまた大切です。

女性の転職を年齢別に選ぶなら?

女性の転職は年齢で選ぶことはないとお伝えしましたが、年齢別に転職しやすいものはもちろん分かれています。次への1歩を考えるのであればスキル等を考えながら、就職先を選ぶとよりスムーズに転職をすることができるでしょう。

全く違う未経験の仕事を行いたいなら20代

今までの仕事と全く違う仕事を行いたいのであれば20代で決断するのがおすすめです。未経験となると覚えるスピードや職場へ溶け込むスキルがあるかを見られる場合があります。転職は、同じ仕事をしないといけないルールはありません。

未経験な仕事でも仕事へのやり甲斐ややりたいことを見つけられたときは、迷わず次へ進んでみるのもおすすめです。迷う前にやってみるというのもまた、20代の特権でもありますので次へ行動を移してみると良いでしょう。

スキルを活かした仕事をしたいなら30〜40代

10年も仕事を続けているのであれば、その仕事へのやり甲斐を感じている方も多いでしょう。そのステップアップとして転職を考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。30代以上になれば、中途採用のみのスキルを求められる仕事を選ぶことができます。

今まで続けてきた仕事をさらに良い条件で選ぶことが広がり、仕事の幅も広げることができますので、仕事に不満のない方も周りを少し見てみるのもおすすめです。中途採用を求めているところでは、先ほどもお伝えしたような女性の働き方への配慮が行き届いているところもありますので、要チェックです。

女性だって転職前に息抜きしたい!

転職はすぐにしなくてはならないものでもありません。前職を全うしたら少し息抜きをするのも大切です。その転職前の息抜きの過ごし方は自由で、旅行へ行くもよし、ゆっくり過ごすもよし、自分だけのゆとりある時間というものを過ごすのも良いのではないでしょうか。

転職前の息抜きなら海外に行ってみよう!

転職を考える前に少し立ち止まりたいという方はリセットしに違う環境へ行ってみるのはいかがでしょうか?ワーキングホリデーや語学留学などその方法は様々、転職をするならより視野を広げて転職すると今まで考えてこなかったような仕事を見つけることができることもあります。

今までの環境とガラリと変えてみると、どんなことをして働きたいのかなども見えてくるでしょう。働き出すとなかなか時間を作らなくとも、転職前であれば1年ほど今までと全く違うことをして、もう一度仕事を見直してみるのも良いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?女性がつい考えてしまう年齢の問題なども改めて考えてみるとまた違った考えができるのではないでしょうか。転職をしたいと考えたとき、こちらを読んで次のステップへ突き進んでみましょう。