大阪・兵庫の求人サイト Re:start【リスタート】

ようこそゲスト様

あなたは今の会社に満足していますか?

給料が低い、職場環境が悪いなど、悩みや不満を抱えている人は多くいます。

職場を変えて新しい環境で仕事がしたいと考える人の数は年々増加傾向にあり、転職するということに対して一時はネガティブな意見も多くありましたが、今では社会人人生の中で1回や2回の転職をすることは全く珍しいものではなくなってきています。

しかし、だからといって安易に活動を行うと失敗する可能性も高く、「転職なんかしなければよかった…」となってしまいます。

そこで、転職で失敗しないためにはどうすればいいのでしょうか。

転職で失敗する人とそうでない人の違い

新しい環境を求めて新天地に行き、そこで順風満帆な生活を送れる人とそうでない人の違いはどこにあるのでしょうか。

後悔しないキャリア選択をするためには、肝に銘じておくべきことがいくつかあります。

転職理由

もしあなたが転職を考えているとして、その理由はどこにありますか?

多くの人が、

といった理由で新しい環境を求めています。

職を変えるということは、当然その理由があるはずですが、あまりにネガティブな理由ばかりで転職を考えてしまうと、結局新天地でも同じような問題を抱えてしまう可能性があります。

まず、仕事がつまらないというのは、その人自身に理由がある可能性があります。

同じ「つまらない」でも、成果が全く出なくてつまらないのか、それとも完璧にこなせるようになってしまい、他にやることが無いくらい極めてしまってつまらないと感じる人では、雲泥の差があります。

また、給料に関しては多くの人が職を変える理由として考えていますが、これもその人のパフォーマンスが給料に影響している可能性はかなり高いと言えます。

給料とは簡単にいってしまえば、その人の市場価値を示すものであり、給料が低いということはそれだけ会社、ひいては社会に対しての貢献度が低いということを意味します。

とにかく結果にこだわり、定量的に「自分は「これだけの利益を会社にもたらしたんだから給料を挙げてくれ」と言えるようになって初めて一人前になったと言えます。

また、人間関係や自分に合った仕事選びというのも難しい問題です。

新しい会社に行けば人間関係が100%良好にいくという保証はありませんし、「自分に合った仕事」というものを明確にイメージするというのは簡単なことではありません。

趣味探しと仕事探しは全く違うものであり、やることなすことすべて自分の思い通りに行くような仕事はなく、何かしら苦労や不満というものはつきまとうものです。

うまくいっている人は明確なキャリアプランがある

一方で、転職をして新天地でうまくやっていける人の特徴としては、明確な将来像を持っているということが挙げられます。

こういった人たちは、長期的な視野を持った上で社会人生活を送っており、ゴールから逆算して自分に必要なキャリア選択ができる人達です。

その場しのぎの発想で「嫌だから辞める」というのではなく、将来的に考えて今の状況が自分にどのような影響をもたらしてくれるのかを考える人ほど、新しいステップをどんどん踏み出すことができます。

うまくいく人のすべてが仕事上の能力が高いとか、精神的にタフということはありません。

しかし、うまくいく人ほどキャリアに対する芯がしっかりしています。

転職をうまく決めたいのであれば、とにかく絶対にぶれない芯をもつことが大事です。

転職で失敗しないために必要なこと

キャリアの中での芯を持つことが大事であると解説しましたが、芯を持つために日頃心がけることがあります。

正しいマインドを持つことで、転職をしても新しい環境にうまく順応することができるので、日頃から意識しておきましょう。

目標に期限を与える

転職を考えるにしてもそうでないにしても、目標を持って仕事に取り組むことが大事です。

そして、その目標を具体的且つ期限を設けることで、社会人として成長することができます。

営業やマーケティング関連の仕事をしている場合、年明けもしくは新年度に年間目標を立てるはずです。

是非目標を立てる際には、より具体的かつ数字で示せるような目標を立てるようにしましょう。

そして、その年間目標を細かく細分化して、今の自分に必要なことを行いという習慣を身につければ、自然と成長することができます。

失敗から学ぶ

成長できる人ほど、失敗から学ぶことができます。

なぜ失敗したのか、繰り返さないためにどうすればいいのかを考えることで、その失敗がその人の血肉になります。

転職活動の場では成功体験の他にも失敗体験を話すこともありますが、その失敗の中で何を学んだのかを明確に話すことができれば、むしろ評価をあげることができます。

まとめ

転職の機会は数多くあるものの、できれば失敗は避けたいところです。

自分の将来像というものを固めた上で、自分に取って本当にキャリアチェンジが必要なのかを判断した上で行動をおこすようにしましょう。