大阪・兵庫の求人サイト Re:start【リスタート】

ようこそゲスト様

転職を考えている人は多く、人生の中で1回や2回職を変えるということは全く珍しいことではなくなってきています。

「そろそろ新しい会社に行きたいな」と考えている人も多く、早い人では新卒で入社してすぐにこのような考えを持つ人もいます。

転職活動は就職活動と同様に、履歴書や面接を経て入社というケースや、他社からスカウトされて入社するというケースがありますが、大半の人は前者になります。

新しい環境で働きたいという人にとって、事前の準備は非常に大事です。

そこで今回は、転職に際しての準備について解説していきます。

転職活動ではどんな準備をする?

新しい職場を探しているということは、当然今現在別の会社に勤務しているということです。

今の会社が第一志望だとしてもそうでないとしても、入社試験の前には何かしらの準備をしたはずです。

新卒での就職活動と同様に、キャリア採用の場合も事前準備が大事ですが、学生時代とは異なる準備をする必要があります。

以下、解説していきます。

基本的な質問は同じ

新卒採用であれキャリア採用であれ、まずは志望動機については確実に言えるようにしましょう。

ただし、やはり面接官も学生ではなく社会人を相手に面接をしているわけですから、学生の頃とは異なる志望動機を期待しています。

「自分の強みが活かせそう」とか、「急成長している御社に魅力を感じた」とか、抽象的な表現だったりインターネットで調べれば出てきそうな情報を言うのではなく、社会人独自の視点を持って話をすることが大事です。

キャリア採用は、即戦力としての人材を採用する場です。

入社後にトレーニングを行ってさらなる成長を目指しますが、スタートの段階である程度の実績を残すことを期待されて採用に至るわけですから、学生感覚で面接を行うのはNGです。

社会人としての経験を伝えることが大事

新しい会社の面接を受ける際には、とにかく今までの「社会人としての」経験を伝えることが大事です。

その際に注意したいのが、履歴書に箇条書きのように

といったような、経験だけでも書き、それを面接で話すというのはやめましょう。

面接官があなたに期待しているのは、その部署で何をしてきたのか、どんな実績を上げたのかということです。

極端な話、部署にいるだけなら誰でもできることであり、それが他の志望者との差別化にはなりません。

自分の強みを話す機会もあると思いますが、それを現職でどのように発揮し、どのように結果につなげたかということを論理的に話すということが最も大事です。

転職準備に必要なツールは?

いざ「転職しよう!」と考えても、何から始めたらいいのか、どうやって情報を取っていけばいいのかがわからないというケースが多くあります。

そこで、職探しを行う上で必要なツールについて解説していきます。

エージェント・サイトに登録する

キャリア採用を行っている企業は多くあります。

むしろその数は多すぎて、自分一人で情報を得るのは至難の業です。

そこで、エージェントやサイトに登録しながら、企業に応募するというアプローチを取りましょう。

エージェントの場合、その名の通り代理人がついて、あなたをサポートしてくれます。

具体的にはあなたの要望に応じた企業をピックアップし、応募したい場合には応募のプロセスまでおこなってくれます。

また、大手のエージェントを使用すれば、推薦状というものを作成の上で応募をしてくれるので、面接に到達できるチャンスがアップします。

一方のサイトの場合は、自分で情報を登録した上で企業に応募を行うというスタイルを取ります。

新卒採用のときにも使用したことがある人は多いと思いますが、それに似ています。

企業からのスカウト機能というものもあり、あなたの経歴に魅力を感じた企業が採用プロセスへの参加を向こう側から促してくれることがあります。

注意が必要なのは、スカウトといってもその時点で内定が確定したということではなく、あくまでも企業があなたに一度会いたいという意味です。

特に大手企業の場合、ある程度の条件を満たしている人に対して一斉送信でスカウトメールを送信していることもあるので、スカウトがきたからといってあまり喜ぶのは禁物です。

情報サイトを確認する

転職経験のある人が、その会社に入社するまでのプロセスや入社後の雰囲気について5段階評価を行っているサイトもあります。

実際に採用プロセスに参加した人の生の声を聞けるというのは貴重なので、是非こちらも参考にしてみましょう。

ただし、あくまでも個々人の感想によるものなので、ある人は「最高の企業です」と言う一方で「ブラック企業だ!」と言う意見もあるので、人の意見に左右されすぎずに、あくまでも参考として捉えるようにしましょう。

まとめ

新しい会社を探すというのは身体的・精神的なエネルギーを要します。

しかし、あなたの理想に近づけるチャンスでもあるので、妥協なく取り組みたいところです。

自分に合った企業を見つけて、納得の形で活動をフィニッシュできるよう、万全の準備をしましょう。