大阪・兵庫の求人サイト Re:start【リスタート】

ようこそゲスト様

転職の理由は人様々です。キャリアアップが理想ですが、仕事が自分に向いていなかった、上司と折り合いが悪かった、企業がブラックだったなど、言いにくい理由な場合もあります。そんなとき、転職希望先で転職理由を聞かれたら・・・。

こちらでは、そんな悩みにお答えすべく、転職理由についての疑問にお答えします。

 

転職理由を聞かれる理由

そもそも、どうして面接官は応募者に転職理由を尋ねるのでしょうか?

1つ目の理由は、採用担当者はすぐに辞めてしまいそうな人物を採用することは避けたいと思うからです。そのため、前職の退職理由の説明によっては「同じことを繰り返されるのではないか?」という疑問がある場合は採用を見送りたいと思うのです。

2つ目の理由は、本当に自社にとってプラスとなる人材かどうかを見極めたいと思っているからです。たとえ、前職に不満があったとしても、それを不満に思っていただけなのか、何らかのアクションを起こしても反応がなかったためなのかでは、全く転職というアクションを起こす理由が違ってきます。

このように、転職理由を聞くことは、企業があなたの人となりを知るためでもあるのです。企業が求めていることがわかれば、どういう風に理由を説明すればよいかもわかります。まずは、客観的に自分を見つめるところから始めてみましょう。

あなたの転職したい理由は?

転職したいという気持ちだけでは、転職活動はうまくいきません。仕事をしながら貴重な時間を有効に利用して転職活動を成功させるには、転職理由の分析が必要です。

 

転職理由を前向きに変換する

転職したいという気持ちは固まっていても、単なる現実逃避ではないということを証明するためには、しっかりと理由を分析する必要があります。

まずは、ネガティブな理由でも構いません。職場の労働環境、人間関係、給与等色々な理由があるでしょう。これは、退職理由です。

「なぜ転職したいのか?」という中に、「退職の理由」と「転職先企業の志望理由」があれば、次のステップへ進みましょう。

次は新たな職場への転職志望理由です。こちらは、どんな労働条件なのか、どういった業種または職種なのかなど、より具体的な理由を探し、いかに自分が志望先の企業に貢献できるかを考えられれば、ポジティブな理由となります。

退職理由と転職理由をきちんと分け、新しい会社への志望動機は前職より逃げるだけのためにならないように気をつけましょう

 

転職の本当の理由は言うべき?

本当の理由を言うかどうかというよりも、言わないで済むことに関しては言わない、というほうが重要です。逆に、嘘をつくことは避けたほうがよいとも言えます。また、現職もしくは前職に対する悪口は、企業・個人のいずれにしても避けるべきです。社会人としての資質を疑われかねませんし、志望先と全く関連がないとも限らないからです。

また、採用担当者に「この人は、文句ばかり言って、行動の起こせない人なのか?」と思われる可能性もあります。

社会人なのですから、忖度できる能力も持ち合わせていることもしっかりアピールして、上手な転職理由を答えられるようにしましょう

 

上手な転職理由の答え方

「そんなことを言っても、本当は今の会社(上司)が不満だから転職したいのに」という方も、ちょっと立ち止まってみてください。

まずは、言うことと言わないことの取捨選択をし、自己PRをできそうな内容以外の理由はなるべく話さない、自分にとってプラスなことだけを言う、というスタンスで理由を選びます。

次に、どうして、転職を考えるに至ったのかというプロセスを、悪口とならないように、言葉を選びながら上手に説明すればよいのです。

不満があったことと、悪口を言うことは別のことだと理解して、その問題点をいかに解決すべく働きかけてきたのかを語り、それでも解決されなかった、と自分のアピールポイントにできるかどうかが腕の見せ所です

 

転職理由を答える際の大事なポイント

転職する際に、意外と忘れがちなのが、自分の経験と今後のキャリアプランに、一貫性があるかどうかということです。経験を重ね、スキルは身につけたけれど、それを活かすことのできる職場であるかどうかは、やはり転職の際に重要なポイントとなります。

また、具体的にどういったスキルを活かせるのかを語るのと同時に、キャリア設計の中で、今後どうしていきたいのか、向上心をもっているところがアピールできれば、更に好印象です

もちろん、全くの異業種への転職ということも考えられますが、その際も、新卒のようにゼロからというわけではなく、やはり社会人としての経験をどういう風に活かすことができるのかをアピールすることが必要です。

自分の転職したい気持ちを俯瞰して、客観的に退職理由と志望理由を答えられるようにしておけば、説得力のある転職の理由がアピールできるのです。

 

まとめ

一言で転職理由と言っても、実は様々な理由が絡み合っているのが常です。周りに迷惑のかからぬよう配慮を忘れずに、かつしっかりと自己PRができるよう、上手な転職理由を述べられるように準備しましょう。